債務整理にかかる期間について=自己破産の期間2=

Filed Under (自己破産の期間について) by admin on 07-04-2010

債務整理の自己破産にかかる期間は早い人で約3カ月程度の期間だそうです。マイホームなどの資産は差し押さえられますので、資産の有無により期間がかわってくるようです。給料や退職金も差し押さえられるそうですが、全額ではなく4分の1程度に決まっているようですね。自己破産では、最低限生活に必要なものは残してもらえます。身ぐるみはがされてしまっては、借金がなくなっても新しい人生をスタートさせることができませんからね。自己破産は債務者のためにあるのですから、長い期間苦しんでいるのなら、こういった解決法を選択肢にいれるのがいいと思います。また、一定期間海外旅行などができなくなるといった考えの人がいるようですが、自己破産ではそんなことは一切ありません。海外旅行も引っ越しも債務整理から期間をおく必要はまったくないようです。また、せっかく長い期間働いている会社をクビになるといったこともありません。債務整理を理由にクビということはないそうです。しかし、債務整理をしたことが会社の人たちに知れると居づらくなるといったことから退職してしまう人もいるようですね。ですが、債務整理をおこなうと必ず会社に知れるといったことではないです。むしろ知られない場合の方が多いようですね。債務整理をおこなうとその後7年という期間は新しい借入やクレジットカードを作れないといったことにはなりますが、むしろまた借金に悩む期間ができるのを防げるのでいいことだと思います。今の世の中、クレジットカードがないというのは多少不便ではありますが、また借金に悩む期間ができない方がいいと思います。

債務整理にかかる期間について=自己破産の期間=

Filed Under (自己破産の期間について) by admin on 26-03-2010

自転車操業的な多重債務になってくると長い期間、借金を返済していても利息分の返済しかできず、元金は減っていないといったことになってしまいます。こうなった人たちが最終的には債務整理をおこなうようになるようですね。債務整理といえば、一番に思いつくのが自己破産ではないでしょうか?自己破産、全てが終わったようなイメージですね。長い期間、がんばって少しずつ借金を返済してきても自己破産していまえばその期間が水の泡になってしまうような、この先は真っ暗といったように考える人が多いようです。また、自己破産してしまうと、資産や給料、退職金を差し押さえられたり、仕事をクビになったしまうといったことを考えるようです。また、長い期間、海外旅行や引っ越しなどができずに自由を失うといったことや周囲に知れ渡り恥ずかしいと感じる人もいるようです。しかし、これらは間違った考えのものが多いです。ウワサや誤解などから自己破産のイメージが悪くなっていると思います。自己破産とは本来、借金をゼロにしてもらえ人生をやり直すとてもいいチャンスです。今まで長い期間苦しんだ借金がゼロになるわけなんですよ。手続きにかかる期間も短いものですし、その後の7年という期間の間は新しい借入やクレジットカードをなどをつくることができませんが、そのデメリットがなんだっていうんですか?長い期間苦しんだ借金がゼロになるなら大したことではないと思いませんか?それで約3カ月程度の期間で人生をやり直せるなんてすばらしいですよね

債務整理にかかる期間について=債務整理に陥る人々=

Filed Under (債務整理に陥る人々) by admin on 19-02-2010

最近、多重債務などにより債務整理をおこなう人が増えてきているようです。債務整理といえば、人生が終わったような気になる人もいるかもしれません。周りの目が気になったり、裁判の期間が長かったりと思いがちですが、はたして本当にそうなのでしょうか?債務整理をすると必ず周囲にわかるものなのでしょうか?実際にはどれくらいの期間がひつようなのでしょうか?債務整理にかかる期間を中心に債務整理の種類別に考えてみたいと思います。債務整理の種類には自己破産の他に民事再生や任意整理などといったものもあります。最近よくCMでも流れている過払い請求なんかもありますね。これらの債務整理は、その種類によって内容も期間もかわってきます。また、デメリットなども違います。債務整理にかかる期間や債務整理のメリットやデメリットについて知っていなければ、夜逃げなどをしてしまう人もいるようです。ちゃんと債務整理の期間やメリットなどについて知っていれば、債務整理をおこなって出直すといった方法をとれると思います。債務整理に陥ってしまう人の多くは多重債務で苦しんでいる人のようです。比較的、真面目な人が多いというのも特徴のようですね。真面目であればあるほど、毎月の返済をきっちりしようとするので、貸金業者の信用も得られ、結果借入できる額が増えます。そうなってくると、今度は毎月の返済のために別の貸金業者から借入をするといった自転車操業的な多重債務になってしまう人が多いようですね。