債務整理にかかる期間について=自己破産の期間2=

Filed Under (自己破産の期間について) by admin on 07-04-2010

債務整理の自己破産にかかる期間は早い人で約3カ月程度の期間だそうです。マイホームなどの資産は差し押さえられますので、資産の有無により期間がかわってくるようです。給料や退職金も差し押さえられるそうですが、全額ではなく4分の1程度に決まっているようですね。自己破産では、最低限生活に必要なものは残してもらえます。身ぐるみはがされてしまっては、借金がなくなっても新しい人生をスタートさせることができませんからね。自己破産は債務者のためにあるのですから、長い期間苦しんでいるのなら、こういった解決法を選択肢にいれるのがいいと思います。また、一定期間海外旅行などができなくなるといった考えの人がいるようですが、自己破産ではそんなことは一切ありません。海外旅行も引っ越しも債務整理から期間をおく必要はまったくないようです。また、せっかく長い期間働いている会社をクビになるといったこともありません。債務整理を理由にクビということはないそうです。しかし、債務整理をしたことが会社の人たちに知れると居づらくなるといったことから退職してしまう人もいるようですね。ですが、債務整理をおこなうと必ず会社に知れるといったことではないです。むしろ知られない場合の方が多いようですね。債務整理をおこなうとその後7年という期間は新しい借入やクレジットカードを作れないといったことにはなりますが、むしろまた借金に悩む期間ができるのを防げるのでいいことだと思います。今の世の中、クレジットカードがないというのは多少不便ではありますが、また借金に悩む期間ができない方がいいと思います。