債務整理にかかる期間について=自己破産の期間=

Filed Under (自己破産の期間について) by admin on 26-03-2010

自転車操業的な多重債務になってくると長い期間、借金を返済していても利息分の返済しかできず、元金は減っていないといったことになってしまいます。こうなった人たちが最終的には債務整理をおこなうようになるようですね。債務整理といえば、一番に思いつくのが自己破産ではないでしょうか?自己破産、全てが終わったようなイメージですね。長い期間、がんばって少しずつ借金を返済してきても自己破産していまえばその期間が水の泡になってしまうような、この先は真っ暗といったように考える人が多いようです。また、自己破産してしまうと、資産や給料、退職金を差し押さえられたり、仕事をクビになったしまうといったことを考えるようです。また、長い期間、海外旅行や引っ越しなどができずに自由を失うといったことや周囲に知れ渡り恥ずかしいと感じる人もいるようです。しかし、これらは間違った考えのものが多いです。ウワサや誤解などから自己破産のイメージが悪くなっていると思います。自己破産とは本来、借金をゼロにしてもらえ人生をやり直すとてもいいチャンスです。今まで長い期間苦しんだ借金がゼロになるわけなんですよ。手続きにかかる期間も短いものですし、その後の7年という期間の間は新しい借入やクレジットカードをなどをつくることができませんが、そのデメリットがなんだっていうんですか?長い期間苦しんだ借金がゼロになるなら大したことではないと思いませんか?それで約3カ月程度の期間で人生をやり直せるなんてすばらしいですよね