債務整理のメリットとデメリット

Filed Under (その他の債務整理の期間について) by admin on 27-01-2012

債務整理を行って借金問題から解放されるまでには計画によって1年~3年ほどの期間がかかるそうです。また、債務整理の手続が完了するまでの期間も選択する方法によって2ヶ月から1年程度かかることがあるらしいです。

債務整理の方法は、過払い請求・任意整理・民事再生・自己破産・特定調停などがあります。それぞれの方法には特徴があり、メリット・デメリットや条件がありますので自分自身の返済計画に合った方法を選ばなければなりません。それぞれの債務整理に共通するメリットとして債務整理手続の通知を貸金業者が受け取ってから手続が完了するまでの期間の執拗な催促や取り立て行為がなくなることだそうです。また、それぞれに共通するデメリットとして信用情報機関(貸金業者などが顧客の信用情報を集積するための機関)に情報が保存されるので5年〜7年程度は新たな借り入れやクレジットが組めなくなることらしいのです。カードの中には銀行が発行するインターネット決済ができるカードなどで作れるカードもあるようです。

過去に債務整理を行ったことがある場合は、時期や方法によって利用できない債務整理の方法があるようです。債務整理を行うには多種多様な条件があったりするようですので、債務整理ばかりを当てにせず借金の常習化をしないように努力しなければなりません。それから、簡単に借り入れの保証人にならないようにしましょう。連帯保証人と呼ばれる保証人には「催告の抗弁権」「検索の抗弁権」が認められていないらしいです。