債務整理にかかる期間について=過払い請求の期間=

Filed Under (その他の債務整理の期間について) by admin on 11-10-2010

債務整理にかかる期間はその債務整理の内容や申し立てする裁判所などによってもかわることがわかってきましたね。今回は皆さんが注目している過払い請求の期間などについてお話していきたいと思います。まず、過払い請求とは、お金を余分に払い過ぎているためにその分を返してもらうためにする債務整理ですが、どうしてそういったことがおこるのかしっていますか?それには、利率のグレーゾーンが関係しています。利息制限法という法律によって利率の上限というのが決められているのですが、その上限を超えても刑事責任に問われたりすることがないそうです。その上に、出資法という法律によって決められた利率の上限というのがあります。その上限は超えてしまうと刑事責任に問われてしまうので、貸金業者などはそのスレスレのラインで利率を設定していたようです。本来なら、利息制限法を超えた分の利率は支払わなくていいそうなので、この利息制限法と出資法の利率の差が過払いとなっているようです。ですので、長い期間、借金の返済を続けているほど、過払い金が多いようです。この過払い金を債務整理によって過払い請求することによって、本来払うべき金額というのとの差額を今後払っていくようになるので、借金が大幅に減る場合や、むしろお金が返ってくるといったことがおこります。この債務整理はすでに払い終えている債権に対しても、10年の時効以内であれば、過払い請求することが可能なんだそうですよ。